たかが人生、されど人生

 

 

たまにはいいですかね。

 

こうやって、スマホ片手にカタカタとエッセイ書くのも。目的?そんなものありません。

 

 

 

ただ、書く。

 

 

 

それがきっと、"書く"の本質でしょう。

 

 

 

外は雨が降っていて、気づいたら夏が終わったと思ったら、気づいたら秋が終わりそうになる、そんな時期です。いやぁ、トキノナガレというものは、はやいはやい。

 

 

あ、そういえば

 

 

つい先々週くらいに、"あの団体"の中にあるとあるコミュニティのお茶会に行きまして。

 

6人くらいのチームになって、お互いの近況報告や、今後の活動の指針を確かめ合ったのですが

その中で、僕のめちゃくちゃ嫌な、逃げたい、避けたいテーマを

突きつけられました。まぁ正確には、諭されたって感じです。

 

 

 

"慎め"

 

 

 

あらゆる方面から、言われてることです。

 

簡単に解釈すると

 

 

ないものではなく

 

あるものに目を向けろ

 

 

というものなのですが、これはもう人生のテーマもいっても何ら違和感のない

壮大かつ強靭なテーマです。むずいむずい。

 

マサラタウンを飛び出して、いきなりチャンピオンロードに入っちゃった、ヤベェやべえ、、しかも逃げられねえ!みたいな難易度です。

(あんまりよくわからないですね、はい。)

 

 

 

とかくぼくは、ないものねだりな人生を送っているわけです。

 

学生時代からそうです。いない彼女を欲しがったり、ない力を得ようとしたり

社会人になってからも、ないお金を稼ごうとしたり、ない知名度に憧れたり、、

 

ないものを求めて、突き進んでる瞬間は

頭に血が上って、自分で言うのもアレですが、結構なパワーを出せます。

 

勢いでいったら、中々良い線いくんじゃないでしょうか。

 

 

でもね、そうやってないものを求めよう求めようとしていると

ついつい目の前の人の思いとか、自分の本来やるべきこととか、

 

何より、感謝を忘れてしまいます。

 

 

僕がこうして生きているのも、お天道様、守護霊様が見守って下さっているからだし

 

仕事できているのも、店長やマネージャー、あの団体のラーメンやパンやコーヒーがあるおかげだし

 

豊かに暮らせるのも、たくさんのモノに囲まれているおかげだし

 

まぁなんとか幸せにやっていけてるのも

おかあさんやおとうさんの支えがあるおかげだし

 

 

自分一人で完結してることなんて

いっちゃえば、ひとつもない。

 

そこに対する、徹底的な自覚を持つことが

僕の今のテーマやなぁあって諭されました。

 

 

 

慎みます。。。

 

 

 

 

10月に入ってから結構色々変わってて

今までより、足元を見ることが多くなりました。

 

これは僕に限ったことではないのかもしれませんが、

ついつい人って、「本番」にばかり目がいってしまいます。

 

 

大学受験とか良い例ですよね。

 

 

受験当日に、最大限パフォーマンスを発揮できるように、毎日勉強のお手伝いをする。塾のお役目って、それだと思います。

 

ですが、僕はそこに落とし穴があると思ってて

 

 

 

「そもそも、なんで受験をするのか?」

 

 

の部分に、その人の「準備」が込められてるわけですよ。

 

その人自身の、ストーリー。どんな終着点でしめたいのか?どんな物語を描きたいのか?

 

そこの部分を、ちゃんと考えてないと、

 

 

ただ、勉強して、ただ、受験して、ただ、受かって、、みたいな感じで、、、

 

 

受験が人生の中でどういう役割を発揮するのか?が腑に落ちないまま、終えてしまうと思うんです。

 

腑に落ちないまま終わってしまうと、

受験を通じてえた教訓が、次にちゃんと活かせなかったりする。非常にもったいないですね。

 

 

そして、

受験が終わったら、ちゃんと受験を振り返って

「後片付け」する時間が必要でしょう。

 

次にまた新しいスタートダッシュを切るために、

 

いらぬ参考書を捨てたりとか、

蓄積されたいらぬこだわりを手放したりとか。

 

 

特に僕は受験時代、結構頑張ったおかげでちゃんと成果が出たわけですが

同時に、「なが〜〜い天狗鼻」と、「真っ黒で強い心」も手にしてしまったので

 

それにはいまでも悩まされています。さっさと手放せばよかったのに。

 

 

そんな感じで、物事には

 

本番以外にも、準備や後片付けがあると思われるのですが

最近は積極的に、後片付けをやってます。

特に皿洗い!これはもー大事ね。

 

 

 

 

 

んま、そんな感じで

 

 

 

ようは何が言いたかったかというと

 

 

 

 

 

わりとしあわせにやってます、ということです。

 

では。

 

 

© 2021 つれづれなるままに。 Powered by AFFINGER5