歳を重ねるということ

 

 

 

 

こんにちは。ゆうすけです。

本日、2022年1月1日。記念すべき元旦ということで、筆を取らせていただいています。

「つれづれなるままに書く」

というのがコンセプトなので、起承転結、論理的な文章構成諸々はご容赦ください。精一杯読みづらく書かせていただきます。(オイ)

 

 

いやぁ・・・。2022年ですよ。皆さん。

僕は1997年に生まれたので、生まれてから24(5)年も経ってしまいました。日で換算すると、9125日ですって。もうすぐ10000日生きる事になります。すげえなぁ。

この記事を読んでくださっているあなたは、生まれてからどのくらいの日々を重ねているのでしょうか。人によっては、僕の倍以上かもしれませんね。もしかしたら、「ヤバイ、私もうこんな歳だ・・」とか思い、少し焦りを感じているかも・・・。

 

歳を重ねるということは、

恐ろしいものです。

 

失礼承知で言いますが、特に女性にとっては恐ろしいことでしょう。

世の中というのは残酷で、女性の価値は「若さ」に大きく左右されますよね。歳を重ねれば重ねるほど、男性は見向きしなくなっていく。風当たりも悪くなっていく・・。

僕自身も、意図せずそうなってしまっています。40代の女性か、20代の女性だったら、やっぱり20代の女性と仲良くしたいと思いますし、「どっちに話しかけるか?」と聞かれたら、20代の女性に話しかけます。

はぁ。
なんて、恐ろしい。

 

どうせなら、一生若々しくいたいものです。

子供の頃のように、純粋無垢で、あらゆる事に興味を持ち、健気に。。

好きなことだけして、

周りを気にせず、

悠々自適に、過ごしていきたいものです。

 

 

さて、2021年を過ごす中で、ある気づきを得ることができました。

それは、人それぞれである、という事です。

 

まぁそりゃ、100%同じ人間なんていないわけで。それぞれっちゃあそれぞれなんですが。。

 

ここで言いたいのは、「人生に絶対的な良し悪しはない」という事なんです。

 

世間では、良い人生と悪い人生というものが、

意図的にイメージづけられているように感じます。

ビジネスなんかを勉強しますと、「セールス」や「マーケティング」と言って、売るための手法なんかを取り入れるようになります。

その際に、「世間体」というものが活用されるんですよね。

「40代の女性は、こういう生き方した方が良いですよ!そのためにも、この商品が必要ですよ!」

といった具合に、「理想の生き方」みたいなものを提示されるわけです。

 

この世の中って、あらゆるところにそういう仕掛けがあって(ほんとこわいんですが、、)

テレビや広告、コンビニのPOPまで・・ほんと至る所に、意図的な理想像みたいなものが散りばめられています。

 

なのでついつい、

「こういう生き方が正しいんだ!」

とか定義したくなってしまうんですが、

 

それが、僕は、人生最大の落とし穴だと思っています。

 

 

 

 

僕の主張は、こうです。

 

その人には、その人の花の咲かせ方がある。咲くタイミングがある。

それらの花の、色、形、香り、触り心地は、人それぞれ。

そして、どの花もみんな、美しい。

 

だから、焦る必要なんてない。

 

今、あなたが10代だろうと、20代だろうと、30代だろうと、40代だろうと、50代だろうと、60代だろうと、70代だろうと、80代だろうと、90代だろうと、100代だろうと、

男だろうと、女だろうと、

イケメンだろうと、ブサイクだろうと、

可愛かろうが、可愛くなかろうが、

身長高かろうが、低かろうが、

 

才能あろうが、なかろうが、

強かろうが、弱かろうが、、、、

 

みんな、それぞれ、花の咲かせ方がある、タイミングがある。

そして、全部、繋がっている。

辛い事、苦しい事、うまくいかない事、孤独な事、寂しい事、悲しい事。。

全部、「このためにあったんだ!」と思える瞬間が必ずやってくる。

 

その瞬間、パァッと、美しい花が、必ず咲く。

 

だから、謙虚に健気に、毎日コツコツ積み上げれば良い。

ちょっと挑戦して、失敗して、誰かのために行動して、「あぁこれは誰かのためではなく自分のためだったんだ・・」と後悔して、また立ち上がって・・・、、

っていう、地味〜な日々を送っていけば良い。

 

 

 

 

2022年は、もっと人を楽しませます。笑わせます。元気になってもらいます。

でも

楽しませよう!とも笑わせよう!とも、元気にさせよう!!!とも、できるだけしません。

 

ただいるだけで・・

呼吸し、生きている・・ただそれだけで・・

 

愛を感じ、エネルギーをもらえる。そんな”存在”を目指します。

 

 

そのためには!

自分の芯を持ち、

何事にも捉われず、柔軟に、

ひたすら祈り、挑戦し続ける。そんな日々を送るしかありません。

 

 

今年一発目という事で、

宣言文!みたいになってしまいましたが、

 

この記事を読んでくださったあなたの開運に、少しでもつながれば幸いです。

 

では、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

© 2022 つれづれなるままに。 Powered by AFFINGER5