日常で気軽に出来る!手紙習慣で人生を変えよう

 

 

 

こんにちは、ゆうすけです。

今回は、僕が最近取り入れて、人生が本当に良くなった”手紙習慣”についてお話ししていきます。

中には結構勇気いるものもありますが、手軽に出来るとこからやってみてください。

(本当に人生変わります)

 

では、いきましょう。

 

 

ハイブリット戦略もアリ。

 

手紙というと、そもそも書くハードルが高い上(面倒臭い)

渡すのって結構勇気がいるので、躊躇う人多いと思います。笑

 

僕自身、ものすんごいズボラ&面倒くさがりやなので

最初はそもそも便箋を買うとこすら面倒でした。

 

ですが何とかそのハードルを乗り越え、

今では、至る人に手紙を書く習慣が染み付いております。

 

・・・とは言ったものの

ちゃんと書いて、手渡しするのって、物理的に厳しかったりしますよね。笑

(重いと思われないか…とか色々考えると思います。)

 

なので、初心者に結構おすすめなのは

「手紙を書いて、それを写メして、LINEで送る」

というものです。

(一人暮らしの人は、親に対してコレやってみてください)

 

LINEでカタカタメッセージを綴るよりも、

手紙を手書きで書くと、そこにエネルギーが乗っかって、

相手に思いが伝わりやすくなります。

(印象に残りやすいです)

 

それに、受け取る側としても、

画像1枚でギュッと内容がみれる分、頭に入りやすかったりするんですよね。

 

LINEや電子メールと、アナログな手紙の

ハイブリット戦略。

是非やってみてください。

 

 

習慣①:友達の誕生日に手紙を書く

 

みなさんは、友達の誕生日がいつか知っていますか?

女性だったら、マメな方は結構覚えてると思いますが、

特に男性は、基本忘れるか興味ないかと思います。

 

ですが、誕生日って結構良いんですよね。

良いというのは、うまく活用すると一気に開運出来るようになります。

 

基本的には、誕生日は

「キッカケとして」使えます。

 

今まで全然話さなかった人でも、誕生日なら

「おめでとう」の一言を違和感なく発する事ができます。

 

そこから、色んな話に展開して、お互いの仕事の事だったり、恋愛事情だったり・・と話していく中で

その人と、深いご縁が結ばれたりするって結構あるあるなんですよね。

(誕生日みたいな、人生の変わり目って、
良くも悪くも色んな事が起きやすいんです。)

 

もしあなたがこれから「より面白い人生を送りたい」と思っているなら、

あなたの身近にいる人の誕生日は、全て把握しておくくらいのつもりで過ごすと良いでしょう。

(あくまで理想です。僕も全ては把握してないです)

 

んでその人の誕生日になったら、(いけそうな限りで良いので)

手紙を送ってみてください。(写メでも良いです)

 

日頃の感謝や、これからの挨拶など

関係性によって内容は変えていきますが、

 

「誕生日おめでとう」と手書きで描かれるだけでも、

人は温かみを感じ、感謝が湧き出てきます。

 

キッカケづくりとして、是非手紙を活用してみてください!

 

習慣②:触れた作品に対してファンレターを書く

 

映画や漫画やアニメが好きな人は、

是非作者にファンレターを書く習慣を作ってみてください。

(これ、かなりおすすめです。)

 

今ではNetflixやKindleやYouTubeで、手軽に作品に触れれますが、

作ってる側は、今も昔もかな〜りのエネルギーを、1つの作品に込めています。

 

ですが、めちゃくちゃ頑張って作っても

読んでくれた人の感想やフィードバックがなかったら、

作る気がどんどん失せますし、「何のために作ってるんだろう・・」ってなってしまいます。

 

我々コンテンツを受け取る側って、

受け取って感動して満足してしまう事が多いんですよね。

 

ですが、受け取るコンテンツの背景には、必ず多くの人の思いや背景が含まれています。

様々な人の協力、何度も何度も重ねた試行錯誤…相当なエネルギーがかかってるのです。

 

その莫大なエネルギーに対して、しっかり応えていく。

感謝の思いをちゃんと伝えるって大事です。

 

別に返信等は来ないでしょう。笑

でも、来なくて良いんです。むしろ見返りを求めない方が、回り回ってあなたに返ってきますよ。

 

きっと大好きな作品であればある程、

ファンレター書くのは楽しいはずです。

 

ちょっと面倒に感じるかもしれませんが、

触れた作品には全てファンレターを書くようにすると良いですね。

応援する気持ちで、書きましょう。

 

そのマメな習慣が、

作り手の活動を支え、モチベーションとなり、

多くの人を感動させる新たな作品づくりの架け橋となるでしょう。

 

キンコン西野さんも?

 

手紙といえば、キンコンの西野さんも「勝負どころは手紙が良い」と仰っていました。

 

 

普段からよく手紙を書くという西野さんは「非常にズルいんですけど、どう考えても当たり前な話、20年前よりもいまのほうが手紙のパンチ力があるじゃないですか。手紙ってどれだけ時間をかけたかが可視化されるわけですから、勝負どころでは大体手紙を書くんですよ」と話します。

それこそ、「映画 えんとつ町のプペル」でブルーノの声を演じている落語家・立川志の輔さんとのきっかけも手紙だったそうで、西野さんは「7、8年前ですけど、立川志の輔師匠の落語を観に行かせていただいて、感動してしまって。そのことを伝えたくて、お手紙を書いて送ったら師匠から連絡があって、そのご縁から映画にも師匠が声優で出てくださって」と振り返ります。あらためて「手紙の刺さり方ってすごいなと思いましたね。やっぱりLINEではそうなっていなかったでしょうから。手紙のパンチ力はすごくいいツールだなと思います。1番価値が高いのって“時間”じゃないですか。かけた時間がそのまま表れるのがいいですよね。だから、勝負どころは絶対に手紙がいいと思います!」と話していました。

引用:西野亮廣「勝負どころは絶対に手紙がいい」立川志の輔との意外な“ご縁”

 

やはり成功してる人、応援される人こそ手紙を書く習慣があるみたいですね。

 

人って合理的に生きようとすると、ついついデジタルに頼りがちですが、

意外と、あえてアナログにした方が合理的に事が進んだりします。

 

アナログな部分に心が動かされて、

「この人となら!」と一気に信頼されるパターンって、結構ありますからね。

 

逆説的ですが、勝負どきこそ手紙!というのは、本当その通りだな〜と思いました。

 

 

 

みなさんも、日頃から手紙を書く習慣をつけてみてください。

1通の手紙で、人の心を動かしたり、自分自身の生き様すら変わることって結構あります。

 

なので、少々面倒に感じるかもしれませんが、

わざわざ手紙を書いてみる…って習慣、始めてみましょう!

 

では、今日はこの辺で。

ありがとうございました!

 

 

1

  マジで何が起こるかわからない時代。   こんにちは、もののふです。     ...

2

  新企画!突撃、もののふインタビュー!   みなさんこんにちは。もののふくんです。 今回は恋愛系Y ...

3

  新企画!突撃、もののふインタビュー!   みなさんこんにちは。もののふくんです。 今回、大人気ブ ...

© 2021 あらいゆーすけ公式ブログ Powered by AFFINGER5