数字を追い求め、とにかくイケてる自分になりたかった。もののふくんのプロフィール

 

 

 

初めまして!もののふくんです。

 

ここでは初めての方向けに、簡単なプロフィールを紹介していきます。

 

僕は今、とあるコミュニティに参加し日々勉強させていただきながら

情報発信したり、個人向けにビジネスのコンサルをしています

 

元々会社員として働いていましたが

半年後に独立し、色んな事業に手を出しては失敗して、

ようやく今「もののふくん」として落ち着いています。

 

今はお客さんと、どうしたら売上伸ばせるか考えたり

いろんな勉強会に参加させてもらって人脈作ったり

周りの人に支えられながらなんとか生き延びています。

 

ここでは、僕の生い立ちや今までの活動を振り返りながら、

僕がどんな信念を持って今の仕事と向き合い、何を目指しているのかを書いていきます!

 

 

イケてるグループに入りたい。

 

僕の小さい頃の夢は「テレビカメラマンになること」でした。

家でよくテレビを見ていて、ジャニーズとかアイドルが凄く好きだったので「こういう風になりたいな〜」と思いつつ、「いやいや…自分には無理でしょ」って鏡を見ながら諦めていた…というのがあり、

 

「テレビカメラマンになれば、キラキラした世界の仲間入りできるんじゃないか!」

 

と思い、謎に目指していました。笑

 

この頃は可愛かった。うん。

 

学校のクラスではいわゆる「リア充グループ」に憧れるも

容姿に自信がなかった僕は、金髪にしてみたり、髪型を一生懸命セットしたり、洋服を人一倍拘ったり、

とにかく、イケててリア充っぽくてかっこいい自分になりたかったのです。

 

ところがいざリア充グループに入り込もうとすると、

 

「あ、もののふが来たよ!」

 

「お前ほんとキモチ悪いな〜!」

 

「今日も笑わせてくれよ!」

 

と言われ、一発ギャグをかます流れ。

背が小さくていつもオドオドしてた僕は、いわゆる「いじられキャラ」として学生時代を刻んできました。

 

見た目ばかり取り繕って「イケてる自分」になろうとしてたけど

クラスからは「ただの痛い奴」って思われてただけ。

 

「いじられキャラ」を経験したことある人わかると思うんですけど

あれって飽きられたり、何か振る舞いをミスったりすると

急に、「いじめ」に変わります。

 

「お前何ミスってんだよ!」

って言われて、集団暴力食らったり、机ひっくり返されたり、ゴミ箱被せられたり…苦笑

 

やられた事自体はそこまで気にならず、

「我慢すれば何とかなる」と思ってたんですが、

 

僕の中ですごくすごく心配だったのは

周りから、どう見られているか、でした。

 

学校の先生、クラスの女子、普段よく話してた友達…

彼らにとって自分は、ダサくないか?惨めじゃないか?って、ずっと考えてました。

(今思うと、どう考えてもダサくて惨めでしたけどねw)

 

そんな中でも、あくまでクラスの中では「イケてる自分」でありたかったので

地味なクラスメイトとは距離を取り、口を聞こうとしませんでした。

 

「誰かに認められたい」

 

「すごい人だと思われたい、評価されたい」

 

という思いを抱きつつ、周りからの目線を常に気にしながら行動する人生が続いたのです。

 

とはいえ現実はいじられる日々だったので、毎日プライドがズタボロになり、

部屋で鏡を見ながら「なんでこんな顔に生まれてきたんだ…」って親を恨むような日もありました。

 

今振り返ると、決して僕の顔や身長が悪いのではなく、

「イケてると思われたい」と感じながらも、自信無さげにオドオドしてた僕の心が原因だったんですけどね。

 

 

もっと認められたい!

 

高校を卒業し東京の大学に進んだ僕は、ダンスサークルに入りました。

 

当時は「キラキラしたい!」「イケイケな学生生活をしたい!」と思って始めましたが、今思うと心の何処かで

 

「ダンスを始めれば、誰かに認めてもらえるんじゃないか」

 

って無自覚に思ってたのかもしれません。

 

サークルに入ってからは、人一倍努力し

バイトを沢山してお金を稼いで色んな舞台に出演して

それと同時に、プロ養成スクールに入会して毎日通って練習する日々を送りました。

 

僕の所属していたサークルは実力主義なところもあり

人一倍時間と労力をかけていた僕は、センターを頂く機会も多かったです。

 

センターとして踊ると、多くの人から声援をもらう事ができ、

僕のダンスを見て「ホントかっこよかったです!」と言ってくれる後輩も出てきました。

 

踊るたびに「すごい!」と褒めてくれる人がいて、

その度にすっごく嬉しくて、「もっと認められたい!」「評価されたい!」と思うようになりました。

 

 

こんな感じで踊ってました。

 

 

 

それから、大学を卒業し社会人になると

今までの「すごい自分」が一気に居なくなってしまいました。

 

新卒で一緒に入社した同期と比べられ、人一倍仕事覚えが悪かった僕は「同期とどんどん差がついてるぞ?」と上司に言われ、自信もズルズルなくなっていきました。

 

社会人になると、観客から声援をもらうこともなければ

キラキラした自分でいることはできないんだな…と感じました。

 

このまま会社という枠組みの中で、一生を終えるのか。

 

もっと多くの人から認められる生き方はないのか。

 

ふとインスタを眺めてた時

流れてくる有名ダンサーの踊り。沢山のコメントといいね。

 

こんなの、本当に自分がやりたいことじゃない!と思い、もう一度ダンスを頑張って練習して、日本一有名なダンサーになろう!と思いました。

 

そして沢山のファンを抱えて、インスタとかに動画をアップして

「すごいです!」とか「かっこいいです!」とか、沢山のいいねをもらえる唯一無二の存在になりたい!と思いました。

 

 

そう決意した約1ヶ月後に退職を宣言し、

フリーランスとして独立しました。

 

ダンスだけで食べていくのは無理だとわかってたので

とりあえず「ネット 稼げる」とYouTubeで検索して

 

・プログラミング

・ライター

・SNS運用

・アフィリエイト

 

…など、あらゆるビジネスに手当たり次第手を出して

勉強しながら、ダンスレッスンに通う日々を始めました。

 

特に頼る人もいなかったし、友人の反対を押し切って独立した分

「もう一人でやるしかない…」と思い、ひたすら毎日練習と勉強の日々でした。

 

最初はまだ良かったのですが、日に日に貯金がなくなっていき、支払いに追われる度「このままじゃまずい…」と不安が押し寄せてきて

結局ビジネスも全部中途半端で長続きしない始末。

 

「結局、僕にやれることなんてないんだろうか」

と絶望し、仕事にもダンスにも身が入らなくて、不安と恐怖に襲われる日々が始まりました。

 

そんな中でも、「やっぱり成功したい…」「有名になりたい…」という思いがなくならなかった僕は、

地道に続けていたダンスの情報発信を再開し、集中的に取り組むことに。

 

今では黒歴史ですが、ニコニコ動画の踊ってみたとかにアップしたり

踊り手さんとコラボして踊ったり、色んな練習会に参加したりしてました(笑)

 

情報発信をしていく中で、初心者向けにダンスを教えよう!と思い立ち、

練習動画などを作成し、そこで収益を出したりとかもしていきます。

 

そうこうしているうちに、承認欲求はより一層強くなっていき

Twitterのフォロワーやいいねをどんどん追い求める日々。

 

数字って一回求め出すと

際限なく追い求めたくなりますよね。笑

 

幸か不幸か、継続していくうちに、どんどんいいね数は増えていき

「ようやく認められてきた…」と感じるように。

 

 

ですが、この辺りから徐々に気づいてきた自分もいたのです。

言葉にはできない、”妙な違和感”に。

 

 

もののふくんとして活動開始するも・・・

 

当時、いわゆるインフルエンサーに憧れていた僕は

「もっとビジネス的に成功して、有名になろう!」と思い立ち、

もののふくんとして、ビジネス系の発信を開始することにしました。

 

 

 

 

独立当初、色んな教材を買ったりコンサルを受けたりして

ビジネスに関しても結構話せることでてきたなと感じ、

ダンスの情報発信を辞めて、ビジネスに舵を切ることに。

 

正直、ダンスよりビジネス系の発信の方が

利益率良いだろうし、知名度も高くなるだろうな…と思ったからっていうのが大きいんですけどね。

 

それからは、もののふくんとして

ビジネスに関して学んできたことや、普段感じていることを発信し始めました。

 

もちろんぽっと出のフリーランスの言葉なんて読まれることもなく、今でも苦戦しています。

心が折れそうになりながらも、「なんとかしていいねを手に入れよう!」と思い、自分に書けそうなことはとにかく書いていきました。

 

最初のうちは140字すら埋めるのが難しく

ツイート1つ作るのに30分とかかかってました。笑

 

ですがやっていくうちに段々と感覚が掴めていき

フォロワーの方との交流も増え、気付いたらどんどんハマっていくことに。

 

Twitterの伸ばし方についての教材を買ってみたり

フォロワー数の多い人の発信を真似してみたり。

 

気付いたら、毎朝通知欄を眺めるところから開始し、

いいねやリプを送りあって、とにかく作業量を意識していました。

 

やっていく中で「ジーンときました!」「共感しました!」といった声をいただく瞬間

情報発信を志してよかったなと思ったし、実際楽しかったです。

 

 

ですが同時に、昔から薄々勘付いていた”違和感”も浮き彫りになってきました。

 

 

いくらフォローされたり、いいねをもらっても

全然心が満たされた気分になれないのです。

 

 

今までもずっと、いかに多くの人から認められるか?を意識し、

ダンスを練習したり、ビジネスや発信活動をしてきましたが、

このまま続けていても本当に幸せになれるのかな…?

と疑うようになってきました。

 

いくら数字が出てもその後に来るのは「この数字がいかに落ちないようにするか」でした。

 

考えてみればダンスに打ち込んでいた頃も、

声援がなくなった瞬間、どうしようもなく不安になったりしたし、

いくら褒められても、その後に来るのは「この人が離れていってしまわないか」という心配でした。

 

もちろん数字が出たことによって、一時的な快感を得ることはできるし

ビジネスとしてやる以上、数字を追い求めることは必須でしょう。

 

ですが運用していくなかで、

目先の数字に心を左右され、他人からの評価や視線を気にしながら伸ばしていくのはキツイな…

と感じるようにもなりました。

 

発信自体は楽しいけど、心の底から満たされた感覚はなくて

同時に、モヤモヤがどんどん強くなっていったのです。

 

 

そう自覚してからは、Twitterを開く度に、ごっそりエネルギーが持っていかれる気分になり

通知欄を確認する度、感情が大きくブレてしまい、どっと疲れる始末。

 

 

本当にこのままで良いのかな・・・

自分の本当にやりたいことって何なんだろう・・・

 

と、Twitterを開く度に考えるようになりました。

 

 

元気がなくなった時、どうしてますか?

 

ある日、いつものようにTwitterを開いてツイートを作成し、

リプを送りあったりして運用した後、とある雑貨屋さんに足を運びました。

 

 

僕が情報発信を志そうと思う一つのきっかけになった、とあるコミュニティがあり、

そのコミュニティの中で経営している雑貨屋さんです。

 

その雑貨屋さんに入ると、いつも気が楽になるので、

Twitter運用をした後、妙に行きたくなったのです。

 

その雑貨屋さんの店員さんは

いつも笑顔でニコニコしており、話すだけで元気をもらえるような方でした。

 

この人はどうしていつも元気なんだろう・・・

 

そう思い、勇気を出して聞いてみることに。

 

「お姉さんは、元気が無くなった時どうしてますか?」

 

そこまで話したことがなかったのですが、

​その方は快く答えてくれました。

 

 

「元気がないときかぁ・・・自分のことばっか考えてたなぁって思って、誰かの幸せを祈りますよ」

 

 

・・・正直、言ってる意味がわかりませんでした。

 

だって、人って自分のこと考える生き物だし

そもそも幸せを祈るとか、ちょっと胡散臭いなと感じました。

 

でも、その時の店員さんの笑顔が

妙に心に残っていて、頭の中でその時の言葉が反復します。

 

 

誰かの幸せを祈る・・

誰かの幸せを祈る・・

誰かの幸せを祈る・・

 

 

その瞬間、自分の中で電流が走ったかのような感覚になり、

どうしてこんなにも毎日満たされなくて、辛かったのかが何となくわかってきました。

 

今までずっと、

自分のことばかり考えてたなぁ・・・って

強く、じんわりと思いました。

 

 

中学高校時代いじられてた頃も

大学時代ダンスに打ち込んでた頃も

社会人になって新卒入社した時も

フリーランスとして発信業に打ち込んだ時も

 

ずっと、自分のことばかり考えてたなぁ…って。

 

そういえば、その店員さんが同時にこんなことを言っていました。

 

「人は、自分以外の誰かの幸せを祈った時にしか、エネルギー湧いてこないんですよ。」

 

その時は正直何言ってるかわからなかったのですが、

今考えと、確かにその通りだなって思います。

 

自分のことばかり考え、いかに評価されるかを追い求め、

いかに自分がかっこよく見えるかを追求して生きてきました。

 

目先の数字ばかりに捉われてしまい、気付いたら人を数字でしか見なくなっていたのです。

人を人として見なくなった結果、どうしようもなく孤独感に襲われ、虚しくなっていたんだと思います。

 

「・・・だから今までうまくいかなったのか!」

 

 

本当のやりがいとは

 

本当は、自分の発信を通じて誰かの背中を押したり、心を動かした瞬間が楽しかったから発信をしていたんだと思います。

 

Twitter運用していると、ついつい数字に捉われてしまいますが、

いいねをしてくれるのも、リプをしてくれるのも、全部人です。

 

全く違う環境で、それぞれの役割をこなしながら

毎日何かしらの思いを馳せてTwitterを開いている人です。

 

その人達に対して、何を伝えて、

どう感じ、どうキッカケを与えるか。

 

一見綺麗事のように感じるかもしれませんが、そう思いながら一つ一つのツイートを作成すると

自然と気持ちが乗っかるし、今までとは反対にエネルギーがグッと湧いてきます。

 

もちろん数字を出すのも大事ですが、

その裏側にいる、様々な人の背景を忘れてはいけない。

 

そうやって軸を立てながら発信するようにしてからは、

エネルギーがごっそり持っていかれることも減りました。
(もちろん、まだまだ数字ばかり気にする癖は治りません)

 

 

 

僕が発信をする理由

 

情報発信を教えている中で、とあるお客さんからこんなことを言われました。

 

もののふさんのおかげで、
今までやってきたことが全部繋がった気がします!
ありがとうございました!

 

といった内容のことを言われ、その時思いました。

 

僕はフォロワー数やいいねを追い求めるために情報発信をしているんじゃない。

 

誰かの人生に寄り添ったり、本気で相談に乗って人生を変えるキッカケを作るために続けてるんだ、と。

 

思えば学生時代いじられキャラをしていた頃も

みんなの輪に入って、モノマネして笑わせた時は楽しかったなって。

 

ダンスをしてた時も、

自分の踊りをみて「感動した」とか「涙した」

…って言ってくれる人がいたから続けてこれたんだなって。

 

ずっと気づかなかったけど、

自分以外の誰かの人生に影響を与えた瞬間に、僕は幸せを感じることができるなって、今振り返ると感じます。

 

この純粋な思いに、お金も他人からの評価は関係ない。

 

ただひたすら誰かの幸せを祈って発信活動を続けていけば、勝手に僕自身も満たされていくな・・・と思っています。

 

 

人を数字としてしか見ず、本来の目的を見失っていた。

 

もちろん仕事としてやる以上、結果を追い求めることは重要です。

 

ちゃんとビジネスの力をつけて、収益を発生させる仕組みを構築しないと、

そもそも生活ができないし、発信活動自体どこかで限界がやって来るでしょう。

 

ですがそこにばかり目を奪われて、本来の軸を見失ってしまうのは危険です。

 

特にTwitterって、数字でしかフォロワーさんからのアクションが見えないから、そこにばかり捉われてしまう。

 

でも考えて見て欲しいのです。

 

本来ビジネスって、お客様に何か価値を与えるからこそ成り立つものですし、

お金を稼ぎたいと思うなら、どうしたら目の前の人に喜んでもらえるか考える以外ありません。

 

そして本当に価値を感じる発信って、

誰かの顔を思い浮かべ、心の底から湧き上がってくる気持ちをしっかり乗っけた発信だと、僕は思います。

 

数字を出すために企画を打ち出したり、

相互フォローや、RTを意図したツイートばかりしてても人の気持ちは動かないと思います。

(決して、否定してるわけじゃありません。特に最初は、知られるために必要だとも思います)

 

あくまで、読んでくれる人の気持ちを察し、

画面の外側にいる人の心に寄り添った発信がベースにあるべきだな、と身をもって体感しました。

 

 

実際、本当に心が動かされる人の発信は、その人自身の生き様が文章に乗っていて、

Twitterを開いてる時間以外も、ちゃんとその思いを貫いてるんだなって肌で感じます。

 

ある意味、発信力ってその人自身の生き様で決まると思います。

 

普段どれだけ人の幸せを祈り、誰かのことを考えながら生活しているか。

またその思いを、どれだけ実生活で貫きながら行動しているか…に集約されると思います。

 

普段から誰かのことを考え、日々を必死に生きていたら

自然と文章にその思いは乗っかるし「本当にこのままで良いのかな…」と悩むこともなくなるはず。

 

そしてこれからは、昔の僕みたいに

自分の評価ばかり気にしてしまい、Twitter運用が辛くなってしまった人に向けて

発信の素晴らしさや、自分自身の生き様を乗っけて誰かの人生を変えるような発信ができる仲間を増やしたいと思ってます。
(もちろん、稼ぐ力をつけながら…です)

 

発信力を磨いていけば、同時に自分の人生に迷うことも減っていき

本当にやりたいことの方向付けにもなってくるはず。

誰かの人生にキッカケを与えるような生き方につながっていくはず。

(僕なんてまだまだですが!笑)

 

そう信じながら、今日もコツコツ発信を続けています!

 

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございます。

 

これを読んでいる皆さんとも、何かしらの縁があってこのページにたどり着いたんだと思うので、今後繋がっていければと思います。

 

より具体的な発信力の磨き方や、

Twitter運用の秘訣については、LINEにで講座形式でお渡ししているので

よかったらどうぞ。無料です。

 

 

もののふくんのやってる事

 

◼️Neo Standard

LINE@に追加してくれた方限定で配信している無料講座です。

ビジネスの基礎力を身につけながらTwitter運用したい方は、ぴったりかと思います。ぜひ!

>>「Neo Standard」の詳細

 

◼️YouTube

ポンコツフリーランスの日常や意識高い人生哲学を発信中です。

※こちら普通に顔出ししてます。

>>もののふくんチャンネル

 

 

1

      初めまして!もののふくんです。   ここでは初めての方向けに、簡単な ...

2

  新企画!突撃、もののふインタビュー!   みなさんこんにちは。もののふくんです。 今回は恋愛系Y ...

3

  新企画!突撃、もののふインタビュー!   みなさんこんにちは。もののふくんです。 今回、大人気ブ ...

© 2021 もののふ流仕事道 Powered by AFFINGER5