【鬼滅の刃から読み解く】人生を変えたい人がすべきたった一つのこと。第一話

 

 

 

こんにちは。もののふです。

最近、漫画「鬼滅の刃」にハマりすぎてて(まじ面白い)
Ubereatsの待ち時間にダラダラ読んでるわけですが、

 

この本に書かれてるテーマを読み解いて
ちゃんと『実践』に落とし込むと、
ほんと、ものすんごい生きやすくなるなぁ。。。と思ったので

 

ちょっと、解説します。

 

普段自己啓発本とか難しくて読まないよ〜でも豊かに生きたいよ〜って人は、
多分こういう、漫画とかの角度から解説するのがわかりやすいかなって思うので
ぜひ聞いてってくださいね。

 

あ、ちょっとネタバレも含むので
その点ご了承ください!
(まぁ、このページ読んだ上で実際の漫画も読んだら、
より一層楽しめるように書くので、ぜひ同時に読んでいただければと!)

 

鬼舞辻無惨の正体

さて、みんな大好き?鬼舞辻無惨についてのお話からしていきます。

 

まず、鬼滅の刃という作品は
(僕は作者のワニさんではないので本当の所はわかりませんが)
おそらく、仏教の世界観がモチーフになっています。

 

なので、まずは仏教について簡単に説明しますね。

 

仏教というのは、「仏に成ること」をゴールとする教えです。
仏とは、釈迦のことです。んで釈迦というのは、実在した人物のことで

 

『あらゆる苦しみから解放された人間』

 

です。

 

もともと釈迦は、すんごい裕福な家に生まれて、物質的にはあらゆるものが満たされた生活だったのですが、
街を歩けば、『老人』がいたり、『病人』がいたりして、

「え・・・僕も歳を経ったら老いるの・・・やだ・・」
「え・・・人って病気になるの・・最悪・・」
(※実際はこんなフランクな感じではありません。)

 

みたいなことを思い、

「別にお金があっても、食べるものがあっても、人生って、苦しみとセットなんだ・・」

ということを知ります。

まぁ、僕含め皆さんにも通じることがあるんじゃないでしょうか。

できる限り若くいたいし、病気もしたくないし、何より・・

死にたくないっすよね。

 

僕は一時期介護施設で働いてたんですが、その時の利用者さんが仰ってたのは、

「80過ぎると、死への恐怖がやってくる・・」

と仰っていました。

 

だから、自身の健康状態を異常に気にしたがりますし、
(もちろん千差万別ですが)
薬に対しても、結構な執着をしてました。

 

もし、

「あなたは、余命3ヶ月です」

と突然言われたら、まじで絶望しますよね。

 

でも、いつ死ぬかなんてわかりません。

 

見方によっては、我々人間は、常に死と隣り合わせなのです。
(お釈迦さんは、人は生老病死の苦しみと隣り合わせだと仰っています。)

 

んで、こういった苦しみから解放されるためには、
我々人間はどうすれば良いの??ということですが、

お釈迦さんは、こう仰ってます。

 

『悟ろう!』

 

悟るとは、言霊で「差取り」
あらゆる「差」を取っていくことを指します。

 

例えば「死にたくない!」って苦しんでる状態って、
「死ぬ瞬間の未来」と「今現在」に差がある状態ですよね。

 

死ぬかもしれない未来のことをイメージして
「怖い・・・」って震えてるわけです。

 

だから、この差を無くしちゃおう!っていうのが悟りです。
(時間感覚のことなので、難しかしいかもですが・・)

 

感覚的には、こんな感じです。

 

「未来のこととか、もうどうしようもないから
考えてもしょうがないべ。諦めようぜ。」

 

この状態だと、もはや未来に対してごちゃごちゃ考えなくなり、
今この瞬間を生きることができます。

 

時間感覚に、「差」がなくなってます。
これが悟り(=差取り)です。

そしてこれは、
あらゆるものは、常に変化し続けるものだから、
何が起こるかわからないよね。

 

という考え方がベースにあります。
(これを諸行無常と言います)

 

万物は、常に変化し続ける。だから、先どうなるかなんてわからない。
今この瞬間を生きるしか、我々に残された道はない!!

これが、悟りの境地です。

 

んで、こういった「悟り」ができない状態を、
『我執』と言います。

 

我に執着してる状態ですね。

「私は、変化したくない!」「ずっと若いままでいたい!」

みたいな考え方ですね。

 

人間は誰しも「生老病死の苦しみ」と隣り合わせなのに、
それらの苦しみから、どうにかして逃れよう!としてる状態・・

 

老いたくない!
病気になりたくない!
死にたくない!

“永遠を手に入れたい!”

 

これが、『我執』であり、

漫画鬼滅の刃で登場する「鬼舞辻無惨」の正体です。
(無惨様ってお釈迦様でもない限り、我々の心の中に少なからず存在するものです)

 

ここで重要なのは、

まずは「自覚する」ということ。

 

我々は、誰しも、
鬼舞辻無惨的考えを持っています。
(こればっかりはどうしようもありません)

 

自覚した上で、どう向き合うか。

それが、僕的、鬼滅の刃を人生に活かす第一歩です。

 

まとめ

 

まとめると、

鬼舞辻無惨=我執=変化したくない=永遠を求めている

お釈迦様=人間は変化する生き物だから、諦めよう

・・・と、大きく2つの勢力に分かれます。

では、今日は一旦ここまで。
続きは、また別の記事で更新するか追記していくので
感想等あればお待ちしてますね!

 

*画像は公式サイトより引用しております。

 

1

  マジで何が起こるかわからない時代。   こんにちは、もののふです。     ...

2

  新企画!突撃、もののふインタビュー!   みなさんこんにちは。もののふくんです。 今回は恋愛系Y ...

3

  新企画!突撃、もののふインタビュー!   みなさんこんにちは。もののふくんです。 今回、大人気ブ ...

© 2021 あらいゆーすけ公式ブログ Powered by AFFINGER5