Twitter・ブログ・コメント…書く習慣が、人生を切り拓く。

 

 

 

こんにちは。ゆうくんです。

突然ですが・・・皆さん。

 

書いてますか?

 

いや、何をやねん。
と、いうツッコミがそこかしらから聞こえてきますが、

 

別になんでも良いのです。

 

もしあなたが今人間関係で悩んでいるなら、それは「書く」ことで解決の糸口が見つかります。

もしあなたがこれから人生を変えたいなら、それは「書く」ことで何かキッカケが見つかります。

 

そう。

 

全ては、「書く」ことで始まり出すのです。

 

断言します。書くという行為は、人生を切り拓く究極の奥義であり、天に与えられた最高のスキルであると。

 

と、いうわけで
今日は「書く」を解説していきたいと思うのですが、

 

今回のテーマは
「自分の為」と「誰かの為」を切り分けていきましょうね〜!って話です。

 

おそらくこの記事を見てくださってるあなたは、
「自分の為」に書く習慣って、まぁまぁあるんじゃないかな〜、と思います。

 

日記、手帳、ノート・・・

 

ですが、意外と重要なのって、
「誰かの為」に書く習慣のほうだったり。

 

 

自分の為

誰かの為

 

を使い分けていく術について解説していくので、
ぜひご覧あれ〜。

 

成功者が何をしているのか?

 

いわゆる、「成功者」といわれる人達が、こっそりやってること・・それが

 

書く

 

という行為です。

 

「こういうことを成し遂げたい!」
と思いついたとして、

 

・その理想を書く
・現状を書く
・理想に至るプロセスを書く

 

自戒も込めて…。

 

このように、書くことで、自分の課題や「すべきこと」が浮き彫りになり、
思考がシンプルになります。(頭の中でぐるぐる考えることがなくなります)

 

結局、何かを成し遂げる為には「行動」しなきゃいけません。

 

頭を使って、体を動かして、手を動かして、
何かアクションする必要があります。

 

アクションすることで、人生が変わっていきます。

(考えて、戦略立てて、「これをすれば成功する!」って道筋を立てたとして、
それを実際に行動に移さなきゃ、何も生まれません)

 

でも、人ってすんごい怠け者だし、どういうわけか行動できない生き物です。
(我ながら耳が痛い。うん。)

 

んで、行動できない原因って、すごくシンプルにいうと

 

「行動する理由」がないからです。

 

行動に至る理由がしっかりとあれば、
そりゃ行動します。

 

・面倒臭い
・今はタイミングじゃない
・眠い

 

など、いろんな言い訳が出てくる中でも

 

「いろいろ言い訳出てくるけど、そういうのも全部ひっくるめて、行動するべきだ!!!!」

 

と、自分の中で納得いく理由が生まれたら、

行動します。

 

そこで使えるのが、書く習慣です。

 

是非お手元に紙とペンがあったら、書いてみて下さい。
もしなかったら、スマホのメモ帳で良いです。 書いて下さい。

 

びっくりするくらい、今あなたがすべきことが

書けるはずです。

 

もしかしたら、このページを見ることではないかもしれません。
そしたら、ページ見るのをもうやめて、あなたの今すべきことをして下さい。
(その方が、あなたの人生にとって良いはず)

 

書くことによって、今あなたが最もすべきことがわかるんです。

 

というわけで、是非皆さんも「書く習慣」をつけてみてほしいです。
そのために心がけるべきことを書いていきますね。

 

「自分の為に」と「誰かの為に」

 

さて、皆さんに今日お伝えしたい

「自分の為」と「誰かの為」についてですが・・

 

割合としては、「自分の為」と「誰かの為」=7:3の比率を目指します。

 

ipadで書いてます。

 

自分の為・・・はわかりやすいですよね。

 

学校の授業、仕事のメモ帳・・諸々。
皆さんも、自分の為に書いた経験がおありかと思います。

 

学んだ内容を整理したり、忘れないようにメモしたり
自分の生活を支える手段として、書くのは一般的かなと。

 

もちろんそれは、引き続き続けていって下さい。

 

自分のためにひたすら書くことで、
結果的に「誰かのための」アイデアが降ってきたり、
「誰かのために」役立つアクションが生まれたりするかと思うので・・。

 

では、「誰かのために書く」とはどういうことなのか。

 

ここで皆さんにお伝えしたい、誰かのために書くという習慣。

 

すごくわかりやすい例でいうと、
LINEや、メールといった、通信手段ですね。

 

江戸時代にはインターネットによる通信手段もないですから
「書簡」にわざわざ書いて、わざわざ届けることで、
遠隔で誰かに言葉を届けていました。

 

昔から、誰かのために何か言葉を届ける・・
という行為は行われたわけですが、

 

 

これがもう、めちゃくちゃ重要です。

 

 

重要というか、誰かのために書く習慣が身につくと、
人は、幸せになれます。

 

試しに手紙を1通、誰かのために書いてみてほしいんですが、
(若干ハードル高いかもですが)

その人の事を考えるだけで、ブワァっと心が温かくなって、
心地よくなるはずです。

 

日常生活を送っていると、ついつい「自分の利益」「自分の欲求」「自分の損得」ばかりに目がいきますが、

 

人は、誰かのために生きることによって、
幸せを感じることができる生き物であるのです。

 

なので、「書く」という行為にしても
「誰かのために書く」事を是非してみて下さい。

 

では。

 

今の時代において、どう「誰かのために書けば良いのか」をこれから解説していくので

是非みていって下さい。

 

「リアル」と「ネット」を組み合わせる

 

誰かのために書く際にポイントになってくるのが

「リアル」と「ネット」を組み合わせるということです。

 

このご時世ですから、100%リアルでいきます!みたいなのは、はっきりいって無理でしょうし、効率悪いです。

 

なので、あなたのライフスタイルに合わせながら
うま〜く、リアルとネットを使い分けてみて下さい。

 

あ、注意点いっときますね。

リアルにしろ、ネットにしろ、
これだけは絶対に抑えておいて下さい。

 

「誰かを傷つける言葉や表現」は、一切避けましょう。

(注意したり、指摘したり、圧力をかけたりするのは、OKですよ。必要なタイミングってあるはずです。)

 

自分が意図せず、良かれと思って伝えたのに、
結果的に相手を傷つけてしまった・・みたいなのは仕方ないです。ちょっと反省し、次に生かしましょう。

 

ですが、意図的に相手を傷づけるみたいなのは、NGにします。

 

それって、結局「自分の為」に書いてることになりますからね。
それに、最終的に自分の不幸につながります。

 

書き手、届き手。
双方にとってより良い人生に結びつくような表現を心がけて下さいね。

 

ネットで書く

では、今回は「ネットで書く」にフォーカスしてお届けしたいと思います。
(リアルで書くについては、また別の記事で紹介します。)

 

みんな大好き、ネットです。

 

ネットで書くとは、どういうことなのか?

 

実践しやすいように解説していくので、是非習慣に取り入れてみて下さい。

 

コメント

 

これ結構やってる人少ないんじゃないかな?と思います。

 

YouTubeの動画をみたり、何か音声コンテンツを聞いたり、
ブログを読んだり、ツイートを読んだりした時に、

 

・気づいたこと
・思ったこと
・実践したこと

 

などなどを、コメントしてみましょう。

 

最近見漁ってる「開運料理人ちこ」の動画にコメントしとります。

 

「反応する」って大事です。

 

返事が返ってくるかどうかは置いておいて、
発信する側の視点に立つと、やはり何か反応が返ってきたら嬉しいものです。
(発信する側も、みてくれた人が何か気づきを得たり、感動を与えるために文章書いたり動画撮ったりしてますからね)

 

受け取るだけで終わらず、
ちゃんと打ち返す。

 

打ち返す習慣をつけることで、
自分の中でその学びに対する「臨場感」が生まれるので、
より血肉になりやすいってのもあります。

(是非、このブログに対しても打ち返してみて下さいね…小声)

 

ブログ

 

ブログを書くってのも、結構おすすめ習慣です。

 

ただ、ブログに関しては
「誰かの役に立つ内容を!」と
意気込みすぎると、ほんっとうに続かないので

 

まずは、自分のためで良いので
日記感覚で書く習慣をつけるとおすすめです。

 

ブログに関しては、「あんちゃ」さんという方のスタイルが参考になるので、是非。

 

ブログ書く〜ってなると
SEOとか、アフィリエイトとか、KWとか、
すぐ「稼ぐために」やる人いるんですけど(昔の僕がそうでしたが)

 

そういうのあんま考えなくてOKです。

 

「Googleの都合」という縛りを入れるのではなく、
シンプルに、あなたが誰かに伝えたい事を言葉にした方が、
結果的に誰かの心に響く記事が生まれ、結果的に収益に結びつきます。
(どうビジネスにつなげるか?とかは後々考えれば良いのです)

 

僕の場合は、こうした
「書く習慣」や「ライフスタイル」や「情報発信」といった内容が
しっくりきたので、そういう内容を中心としたブログを綴っております。

 

最初は1000字からとかで全然OKだし
無料ブログで全然OKなので

 

ぜひ書いてみて下さいね。

 

Twitter

Twitterは、140字という制限がある中で
要点をまとめたり、ギュッと凝縮して伝える力がつくので
学びをアウトプットするのに向いています。

 

僕の場合、普段使っている「学びノート」を見返して、
そこに書かれている内容をアウトプットするつもりで
毎日ツイートしてたりします。

 

でっかいノートを常に持ち歩いております。

 

前日書いた内容を振り返ったり、
自分の事を客観視できたりするので
おすすめです。

 

こんな感じで、学んだ事を「だーーーーっ」と書いていく。

 

んで、その内容を踏まえて、復習感覚で
フォロワーの皆さんの役に立つ形でちょっと表現を工夫して
3つくらい生産し、ツイート予約投稿をする。って感じです。

(予約投稿については、social dog というアプリがおすすめです。)

 

2〜30分でサクッとできるので、
これから情報発信してみたい!という人には結構おすすめですよ!

 

書くことで、人生が拓ける

 

書く事で、人生は拓けます。

 

今あなたが落ち込んでいるなら、スマホにサクッと書いてみる事をしてみて下さい。

 

それだけで、本当に、心がスッキリし、
今まで悩んでたことがスーッと消えたりします。

 

そのくらい威力が強い、人生を変えるアクションが、
書くという行為なのです。

 

これからも、書くことについては色々研究していき、
皆さんのライフスタイルを下支えできるようにしていきますので
ぜひ、みていって下さいね!

1

  マジで何が起こるかわからない時代。   こんにちは、もののふです。     ...

2

  新企画!突撃、もののふインタビュー!   みなさんこんにちは。もののふくんです。 今回は恋愛系Y ...

3

  新企画!突撃、もののふインタビュー!   みなさんこんにちは。もののふくんです。 今回、大人気ブ ...

© 2021 あらいゆーすけ公式ブログ Powered by AFFINGER5