【限定レポート】人生を変えるビッグウェーブの使い方

 

 

 

どうも、もののふです。

 

このレポートでは、人生を変えるターニングポイントにおいて最も重要な

「ビッグウェーブ」というものの正体に迫り、チャンスや運の流れを生かし、人生を攻略できるようになる所を目指していきます。

 

このレポートを読むことで

あなたにどんな現実が訪れるかというと…

 

・成功する為の最短ルートを歩める

・夢や理想にグッと近づくルートがわかる

・人生における攻めと守りを見極められるようになる

・未来に対する不安がスーッとなくなっていく

・人生そのものを楽しむことができるようになる

・多くの人の幸せに貢献できるキッカケを掴める

 

こんな未来を手に入れて頂こうと思っています。

 

もちろん、このレポートを読んだだけで「人生思い通りになる」「稼げるようになる」といった甘い事は言いませんが、

あなたがこれから大きく人生を変えていくための、正しい情報と正しい方向性はお伝えします。

 

それを「行動」に移すかは、あなた次第です。

 

いくら良質な情報に触れたところで、それを実際にやってみて、自分の中で経験として消化しなければ全くもって意味がありません。

 

「知識×行動=結果」

 

知識と行動がゼロだったら、結果もゼロです。まずはこの前提を理解してから、このレポートの内容を吸収していってください。

 

”変わり目”にエネルギーが宿る

 

 

いきなり、抽象的な話になりますが…

この世界を見えないところで支えている、「エネルギー」の法則についてお話します。

 

エネルギーというのは、モノ、ヒト、デキコト…などあらゆるものに対して宿っている、見えない力のことです。

我々はエネルギーがあるおかげで日々活動することができ、エネルギーが無くなった時点で息絶えます。

 

そして、この世界には「エネルギー保存則」という決まりがあり、

世界中のエネルギー総量は

・常に一定保存されている

・常に循環している

と言われています。

 

例えば、海の水エネルギーは気温が上昇すると共に、熱エネルギーが加わって蒸発して水蒸気となり、位置エネルギーに変換されて上昇して雲となり、水蒸気がくっつき合って雲が重くなったタイミングで、雨として地上に降り注ぎ、海の水として戻ってきます。

循環の概念がないと、海の水が蒸発したタイミングで「水が消えた」と感じますが、
そうではなく、熱エネルギーや位置エネルギーに変換されて「形」を変えているだけなのです。(これが、エネルギー総量が常に保存されている仕組みです)

 

そして、このエネルギーは、

”変わり目”のタイミングに密集する習性があります。

 

我々が普段受け取る様々な”情報”にもエネルギーが存在するのですが、

変化のタイミングは特に、情報量が多くなります。

 

最近のトレンドでいったら、コロナショック。

コロナが流行して世の中の形態が大きく変化しましたが、その間様々なニュースが溢れ返りました。

コロナ騒動はもちろんのこと、芸能人の不倫、東京五輪延長、新内閣発足、鬼滅の刃興行収入1位突破、米中問題…などなど。

同時に、我々個人の単位でも「人生のターニングポイント」になるキッカケが多く発生したかと思います。

 

良い悪いは置いておいて、

こういった変わり目のタイミングであればある程、情報密度は濃くなり、
エネルギーが密集する傾向があるのです。

 

実はこの性質を押さえておくだけで、人生はグンと攻略しやすくなります。

 

あなたがもし「人生を変えたい」と思っているなら、

意図的に、自分自身のエネルギーを高めたり、情報量を多くしていけば良いのです。

そうすれば、自然と「変化の兆し」がやってくるようになります。

 

情報量を多くしてエネルギーを高める方法については簡単です。「行動」しまくれば良いのです。

 

今まで行ったことない場所に行ってみる…

話したことのない人と話してみる…

何か新しい事業に挑戦してみる…

 

など。行動しまくることによって、一気に情報が凝縮され、変化が起きやすくなります。

 

 

変わり目は浄化現象が起こりやすい

 

ただし、ここで注意して欲しいのは

「変化する=良いこと」とは限りません。

 

むしろ、行動しまくったことによって、

今まで味わったことのないような苦しみ、辛い思いをする可能性も高くなります。

 

挑戦したり、行動すればするほど、

人生はより「危険度が増して」いきます。

(逆に言うと、何も挑戦しない人生だったら、常に安全で平坦な一生を送ることになります。)

 

…こういうことをいうと、

なんだか「悪いこと」のように感じますが、

 

そうではなく、皆さんに覚えておいて欲しいのは

動き回ることによって、浄化現象が起きやすくなるということです。

 

浄化現象というのは、「溜まった汚れや悪を取り除くための現象」だと思って下さい。

 

普通に生きてると、色んな汚れやゴミが身体の至る所に溜まっていきます。

(普通に生活してるだけで、部屋が汚れるのと一緒です)

 

あまり言い方がよくないですが、人生におけるゴミは何かと言うと、

「過去の記憶」です。

(別に過去を全部否定してるわけじゃありません。)

 

人が行動できなかったり、挑戦できなくて成長できない原因は、

十中八九「過去の延長線上でいきてるから」です。

 

過去出会ってきた人達から受けた影響

過去の失敗、その際受けた感情

過去みてきた映画、ニュースなどなど…

 

あらゆる「過去の記憶」によって、我々は「常識」を無意識に作り出し、

その常識によって「今この瞬間の選択」を決めています。

 

なので成長する際は「過去の延長線上で生きないこと」が必要なのですが・・

何分、人は過去に縛られながら生きてしまいます。

 

だからこそ、定期的な浄化現象が必要なのです。

 

過去に縛られず、これからを生き抜くために必要になってくるのが

「手放す」という行為です。

 

動き回っていると、今までやってきたことを「もったいないな〜」と思いながらも、手放さなきゃいけなかったり

今までの価値観だと、どうしても辻妻が合わないことが起きたり、します。

 

そして、人は「手放す」ことを極端に嫌います。

特に、今まで頑張って積み上げてきたものであればある程、手放したくないと感じるはずです。

(てか、手放す意味あるの?って疑いたくなることが多いです)

 

 

恒常性マインドを理解する

 

ビッグウェーブに乗るためには、

「恒常性マインド」という厄介なプログラムを理解する必要があります。

”常に一定の状態を維持しよう”とする厄介な働きのことです。

 

何か変化を起こそう!とすると、自動的に、
「変化したくない!」と、本能が叫び始めるのです。

 

例えば、人間の体温って気温に関係なく36度付近で一定に保たれますよね。
これは恒常性が原因です。

 

また、旅行に行った時起こるホームシックもそうですし、
朝早く起きよう!と思って起きれないのも、恒常性が原因です。

 

常に人間は、「今の状況を維持したい」と、本能の領域で思っているのです。

 

なので、折角人生を変えるチャンスが巡ってきても、

 

「良いチャンスなのはわかるけど…もうちょっと今のままでいいかな。」

 

といって、そのチャンスを「わかってはいるけど」今じゃないなと言って手放してしまうのです。

 

そしてここぞっていう時に成長することができず、
いつまで経っても成果が出ない…というのが良くあるパターンです。

 

耳が痛いと思いますが、それって正直もったい無いんですよね。

 

折角のチャンスを受け取らずに、
明日やろう、また後でといって逃してしまうと

 

次そのチャンスは、いつ来るかわかりません。
1年後、3年後、いや、10年後かもしれない…
と、どんどん時が経ってしまうのです。

 

 

人は「失敗したくない」生き物

 

目の前にビッグウェーブが現れたときに、人間には必ずと言っていいほど、

 

”損失回避思考”というものが働きます。

 

「この波に乗って失敗したら嫌だな…」という思考です。

 

これは別名プロスペクト理論とか呼ばれるんですが

人って、『成功した時より損した時の方が、2倍印象に残りやすい』と言われているのです。

 

だから、何か新しいことに挑戦する時、損したくない!という心理が働いて、

”何もしない”という選択を取ってしまうんですね。

 

ですがこの世の中に、100%、絶対の成功法則なんて存在しません。

 

どんなに優秀で結果を残してる経営者が教材を販売したとしても
それを読んだら、絶対成果が出るようになる、とは限りません。

 

そもそも人の価値判断基準って人それぞれだし、
得意なことも苦手なこともそれぞれです。

 

だから、この世の中に存在する全ての仮説は
検証してみないとわかりません。

 

ですが人は、やってみることに対して恐怖を感じます。

失敗したくないからです。

 

 

人生に一度や二度しかこない…?

 

人生を変えるためには、常に

 

”今この瞬間、ビッグウェーブに乗れる状態”

 

を維持することが大事です。

 

そのためには、やってきたことに執着したり、身動きが取れない状態を避けなければなりません。

身軽さって、実はものすごく重要なんです。

 

まぁ、全ての人は常に何かしらに執着し、依存しながら生きてます。

 

例えば、僕はパソコンを使ってこういった発信活動をしてますが、

パソコンがなくなったら、もう何もできなくなります。

(ある意味、パソコンに執着してる、と言えるでしょう)

 

なので、一切執着しないような生き方をしよう!という訳ではなくて

「常に何でも手放せる状態」を維持するということを心がけてみて下さい。

 

肩書きも、積み上げも、スキルも、もちろんあったらあったで良いんですが、

それらに捉われず「別になかったらなかったで私は大丈夫!」みたいな。

そんな状態が、理想です。

 

そして、身軽な状態だと、

今の自分に必要な情報が自然と集まってくるようになります。

 

自分の器(キャパ)を目一杯埋めて

ゆとりのない生活をしていると、その時必要な情報が入る余裕(隙間)がなくなってしまうんですよね。

 

〜をしなければならない

じっとしていられない

何かしていないと落ち着かない

 

という状態で、常にせかせかしていると、

折角新しい流れが入り込もうとしてるのに、入り込めないのです。

この状態だと、人生変わりません。

 

だから、ここぞ!というタイミングにおいては

今までやってきたこと、積み上げてきたものを一切手放して、

一気に新しい流れに乗る…ってのが大事だったりします。

 

これが、ビッグウェーブを使いこなすということであり、

世渡り上手の、真髄です。

 

難しい

 

今回お話した内容、めちゃくちゃ重要っちゃ重要なんですが、

 

難しいです。

 

もしかしたら、これを聞いて

「うわ〜私はこういう風に生きれないなぁ…」

と耳が痛かったり、少し自信を無くしてしまう方もいるかもしれませんね。

 

ですが、今回お伝えしたのは”極論”であり、

別に100%できなければいけない、というわけではありません。

 

我々は常に何かしらに執着し、依存しながら生きています。

 

そんな中でも、

今日は、いつもよりちょっと波にのってみる、とか。

今月は、いつもよりちょっと手放してみる、とか。

 

今まの自分より、”ちょっとずつ”理想の自分に近づいていければ、

それだけで、十分人生は変わるはずですよ。

 

なので、いますぐ一気に人生を変えようとするのではなくて、

小さくで良いから、ちょっとずつ人生を変えていって下さい。

 

その小さな変化が、

いずれ大きな変化に結びつくはずです。

 

では、今日はこの辺で。

ありがとうございました!

 

© 2021 あらいゆーすけ公式ブログ Powered by AFFINGER5